海老の丸@ 海老の丸A 対い海老



■海老(えび)紋


家紋に海老となると生臭い、背中がまがった年寄りのイメージがあるという人もいるが、
家紋に使用された理由は名字によるもの、海老そのものにあやかるよるものがある。

海老は生存期間中は脱皮を繰り返し、常に柔軟な体を保つ。
それから不老長寿に結びつき、縁起の良い紋である。

【使用家】赤松氏族の江見氏 など。



表紙へ戻る 家紋一覧へ戻る 都道府県別名字索引へ