業者向けガイド

このページは【はじめに】、【家紋ビジネスは儲かるのか?】、【家紋の知的財産権?】、【留意事項】で構成されています

はじめに

 日本家紋研究会関西支部のホームページを御閲覧くださいまして有難うございます。このホームページは、日本家紋研究会所有の家紋データのアウトラインを一般向けに広報・宣伝することを目的としております。ご存知の通り、家紋は学術的側面からアプローチする場合(研究会本部で担当)と、ビジネス利用を促進する目的からアプローチする場合があり、関西支部は主に後者を担当しております。このホームページは、日本紋章規格の運営によるタイトル〔家紋ビジネス〕であったものを日本家紋研究会関西支部がウェッブ・プロパティーの譲渡を受け、研究会用に書き替えて現在に至っております。

 このホームページの利用者を、石材店、葬儀会社、紋章上絵師、仏壇仏具店、家紋グッズの通信販売会社、デザイン事務所、呉服店、結婚式場、レンタルブティック、着付教室、ギフトショップ、こいのぼりメーカー、人形店、刺繍店、陶芸家、彫刻家、提灯製造会社、デパート、寺院、刀剣業者などに想定している関係上、一般向けの家紋用語の説明は省いてあります。

 日本家紋研究会関西支部長は日頃から、「既存のチャネルを利用すればいい」、「もっとニッチな市場を狙って!」だとか《家紋の消費》の仕組み作りを強調しているようにマーケット志向の強い研究者であり、これからも現場の視点を大切にしていきたいと考えております。

 コンテンツの内、名字索引には、名字とふりがなしかでていません。ですが、たとえば真藤建志郎先生の『人口順100大姓姓氏・家紋の事典』(1359円プラス消費税で書店で購入可能)では、日本一の大姓佐藤氏については、家紋を10種類掲載してあるのに比べて、このホームページには佐藤氏の家紋数を大分類だけでも28種類としています。
  他の本についても知りうる限りではこれだけのデータはないとおもいます。これだけ確認できているデータを出版社から本の形で出すと数千円の値段がつきます。これが無料で閲覧できますので、プロの方ならこのホームページの利用価値を見出していただけると、自負しております。 
 最後になりましたが、このホームページが業者さんのマーケティング用に参照され、長く愛用されることを願ってやみません。



 平成14年1月19日      日本家紋研究会関西支部 関西支部長 謹識
家紋ビジネスは儲かるのか?(系図ビジネスとの比較)
■日本には系図作成会社がありますが、TVのCMにでていたり、新聞の広告をみたことがあるでしょうか?おそらくないはずです。確かにおまかせセットメニューで1件100万円以上取るようですから(勿論安い会社もある)、年間数件請け負えば、個人でやってもビジネスとしては採算にのるのかもしれません。ですが、あまり市場規模は大きくないように思います。空襲や地震などで系図やお寺、墓がわからなくなった人もいますので長い系図が書ける人とそうでない人にわかれるでしょう。これに対して家紋ビジネスはどうでしょう?現在ではたいていの家では家紋をもっています。その家紋が付いている商品の中で比較的高額なのは墓石・仏壇だとおもいます。TVのCMも見たことがありますよね?家紋自体は現代日本であまり価値は見出せないのですが、物にくっついて価値がでます。名字との組み合わせだとセミ・オーダーメイドになるので、量販というよりは、ネットで受注生産という形態に適しているのです。それに気付いている人はすでにネット販売されているようです。私のお勧めは、家紋額のように、大量生産できて比較的ゆきわたっているもの ではなく、あたらしいものにくっつけてやったらどうかとおもいます。■たとえば、TVで見ましたがオリジナルの携帯電話が欲しいという人の為に東京の渋谷などでは、携帯電話機器の裏に絵を書く商売がありますが、1件5000円だそうです。そこに家紋描いたらどうでしょうか?■パソコンのスクリーンセーバーで家紋はないんでしょうか?■家電製品、洗濯機や掃除機に家紋がはいってもいいのでは?(少なくとも買い替え時の不法投棄は少なくなると予測できますが(^^;)大手家電メーカーは量販店ではなく街の電器屋さんむけにそういったことも考えればとおもうのですが?■御寿司屋さんののれんとか割り箸の袋には、家紋がよく印刷されていますよね?御寿司は市場規模が1兆5千億円だそうです。この不景気な中、回転寿司の店は出店ラッシュだそうですよ。、、、ということで、くっつくものによって家紋は市場規模が数千億円になったりもします。これを読んだあなた!アイディアを家紋ビジネスにしませんか?
家紋に関連する知的財産権
家紋の図柄の部分ですが、家紋帳をそのままスキャナで取り込んだのを使ってあるサイトもありますが、あれは見苦しいですね。家紋1つ1つは著作権がないけれど(註:仙台笹など明らかに大名家とその支族しか使わないような家紋は商品にくっつける場合は子孫の許可がいるらしいです)、家紋帳には版権があるから、そのまま使うのはよくないですよ。日本家紋研究会関西支部がわざわざ墓石の家紋の写真を撮って使うのも、版権所有者に許可を得るのがむずかしい為なんです。(勿論、高い使用料だせば、許可はいただけるでしょうけれども(^^;)学術研究用にほそぼそやるには、無理です。)商業用でしたら、CD-R0Mでデータが売られていますので、それを買って、販売者・製作者の使用許諾をとってから使うのがいいとおもいますよ。


留意事項(著作権、リンクの判断基準等)
1。 本HPに掲載する文献よりの引用ないし、リンクサイトのコンテンツは、利用者の責任でご参照いただけますようお願い申し上げます。

2。ご利用される人によっては不快な情報や利用者が意図していない情報を持ったサイトにリンクしていることもあります。

3。当研究会は、リンクしたサイトをリンクページに掲載する際、その時点での、家紋その他の分類目的以外の内容確認は行っておりません。このため当研究会は、このHP上で表示されるサイトが保有する内容の合法性や道徳性、著作権の許諾、正確さなどについて責任を負いかねます。(但し、表で普通の商品を扱っていても裏でアダルトグッズの販売を行っているサイトが過去発覚したときは即刻削除しております。)

4。基本的にリンク・フリーではありますが、相手側からリンクの申し出があった場合、
(1)公序良俗に反するコンテンツ、
(2)特定人物、特定組織、特定会社、政党等への中傷を行うコンテンツ、
(3)知的所有権の侵害を行っており、管理がずさんなHP、
(4)人権侵害の恐れの有るコンテンツ、
(5)プライバシーの侵害、または幇助する恐れの有るコンテンツ、
(6)都道府県条例に抵触するおそれのあるコンテンツ

があるばあい、掲載を見合わせる場合が有ります。すでに掲載されているページにつきましても、これらに該当すると判断した場合は事前の予告なく登録内容の変更、もしくは掲載を消除します。

5。また、当研究会は、このHPに掲載している情報を利用されたことによって生じた障害、トラブルに対して、一切責任を負いません。また、リンクした、またはしなかったことにより発生したいかなる不利益についても当研究会は責任を負いません

6。このHPのレイアウト、デザイン、家紋の写真および構造に関する著作権は、日本家紋研究会関西支部に帰属 します。家紋の図柄については、写真以外の表示がある場合、リンク先のページが存在します。

(6は平成11年12月19日一文追加、6を平成21年1月22日部分書替)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●ホームページの動作確認はマイクロソフト社のインターネットエクスプローラー で行っています。
●ブラウザがネットスケープナビゲーターですとフォントが粗く表示される場合があります。
●リンク先の「家紋検索」エンジンは有限会社日高の商標です。
●リンク先の【家紋大全】は神奈川県の有限会社マツイシステムの商標です。
●本文中掲載の家紋写真はデジタルカメラで独自に撮影したものです。
このページの壁紙は紋工房紋武さんの作品を使用させていただいております


表紙へ戻る 家紋一覧へ 都道府県別名字索引へ