岡山県の家紋について

岡山県は北を中国山地、南を瀬戸内海に囲まれ、自然災害が少なく気候が温暖で、古くから吉備国として栄えていた。
歴史をさかのぼってみると、江戸時代以前は、岡山県内の家紋はそれほど種類が多くはなかったと考えられる。
江戸時代になって岡山に移ってきた諸大名は城下町開発のために武士以外にも多くの民をひきつれて来ており、それまで岡山に存在しなかったような家紋がこの時に移動してきたと考えられる。加えて、倉敷・笠岡などの幕府直轄地(天領)は、人の往来が盛んだったため、周辺の村に比べて家紋の種類が多い。

家紋の隆盛を見る江戸時代には、備前・備中・美作の3国に分かれていたため、分布状況にもその影響が出ている。
個別の事例を挙げると:


(1)美作国の武士団美作菅家党の梅鉢紋は拠点となっていた勝田郡、津山市や美作市では頻繁にみられる。
   

(2)稲妻紋は備中国岡田藩大名家で使われていた為、岡田藩周辺では使用が憚られたと考えられるが、旧備前国内では、他の名字の家での使用が散見される。

(3)五つ瓜の中に他の紋を入れた合成紋は、人口比率を考慮すると旧美作国での使用が多い。
   【例】五つ瓜に五三桐、五つ瓜に蔦、五つ瓜に剣片喰など。

(4)備前国岡山藩大名家の池田氏の揚羽蝶紋は、備中国の池田氏や美作国の池田氏でも使用されているが、ともに1%前後で多いとは言い難い。大名家の使用家紋を憚ったためであろう。

一般に知られている佐々木氏族の目結紋、渡辺氏族の渡辺星紋などは県内全域に分布しルーツの説明もつくが、他の姓氏については、同じ村内でも数種類の紋が使われており、県内での人口ランキングの上位姓では、1種類の名字につき10〜20種類以上の家紋が使用されているなど、全国的な尺度がそのままではあてはまらないケースもある。

◎家紋の連続性:明治時代以前の史書・古文書に記述された家紋を伝統を守って伝えている家もあれば、何らかの理由で途中で変更している家もある。


■岡山県の10大家紋

日本家紋研究会が2004年6月に発表したデータによると、1位:片喰紋、2位:桐紋、3位:藤紋、4位:鷹の羽紋、5位:茗荷紋、
6位:木瓜紋、7位:梅鉢紋、8位:蔦紋、9位:橘紋、10位:柏紋である。これ以降のランキングは図書館で柏書房の『都道府県別 姓氏家紋大事典』をご覧ください。
このうち、他の家紋との合成により次々と種類が増えているのは木瓜、藤、菱紋の3種類である。

○片喰紋は備前国の戦国大名宇喜多氏の家紋で知られているが、何故これほどまでに広範に分布しているのか定かではない。

○桐紋は、既に日本家紋研究会千鹿野茂会長の『日本家紋総鑑』(角川書店)において岡山市・倉敷市・玉野市など岡山県南部で多く分布していることが指摘されているが、なぜ多いのかについての理由ははっきりしていない。武士の代表的な下賜紋なので、あこがれて使用しているのか、あるいは瀬戸内海沿岸地域で広範囲に流行した女紋からの転用かとも推定される。

○岡山大学の医学部付属病院がある町名を鹿田町といい、藤原氏の荘園「鹿田荘」があったと推定されている地域である。荘園の管理・運営には藤原氏の親族が中央から派遣されて担当したものと考えられ、藤紋を使用する藤原氏の子孫が岡山県に多数分布するのはこのころから拠点があったためではなかろうか。春日社の鹿からも藤原氏に所縁の土地であったことが想像される。

○鷹の羽紋は、荒神様の信仰の厚かった美作国を中心に県内全域で見られ、茗荷紋とセットで使用している氏も散見される。

○木瓜紋は、紀氏・日下部氏の代表家紋である。紀氏が県内に多く痕跡を残していることは「岡山県内の木の附く地名について」で述べたのでそちらを参照されたい。家系研究協議会の機関誌『家系研究』に掲載:2006年4月刊行。

○梅鉢紋は、美作国に勢力を保っていた美作菅家党の代表紋であり、現在までに派生して88家とも言われている子孫は、ほとんどがこの紋を伝えており党族の紐帯がいかに強力であったかを如実に示している。

○蔦紋は、揚羽蝶紋、桐紋とならぶ代表的な女紋であり、蔦の繁殖力の高さから、子孫繁栄を願って使用したものであろう。


以上は、日本家紋研究会関西支部の調査に基づき日本家紋研究会関東本部が発表した内容を平成の市町村合併にあわせて関西支部が改訂したものである。

参考:「岡山の家紋データブック」、「岡山の家紋 第2巻」


表紙に戻る 家紋一覧へ 都道府県別名字索引へ 岡山県立図書館で調べる 岡山県内の図書館で横断検索する